前走、7月10日に小倉競馬場で行われたシンガポールTC賞(2勝クラス)で逃げ切り勝ちをおさめたテイエムトッキュウ(牡4、栗東・木原一良厩舎)は、7月31日に新潟競馬場で行われるアイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・芝1000m)への出走を目指す。

 テイエムトッキュウは父ロードカナロア、母アグネスナチュラル、母の父サクラバクシンオーという血統。

 2020年7月に阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。同年11月、3戦目となった未勝利戦で逃げの手に転じ、単勝8番人気の伏兵評価を覆して初勝利。続く12月のさざんか賞(1勝クラス)でも逃げ切り連勝をおさめた。昨年は2戦のみで3歳シーズンを終え、長期休養に。今年6月の復帰戦で2着に好走すると、前走では単勝1.8倍の断然人気に応えて後続を2.1/2馬身振り切って通算3勝目を挙げた。通算成績は8戦3勝。

 管理する木原一良調教師は、2018年にテイエムジンソクで制した東海S(GII)以来の重賞制覇がかかる。