7/17(日)は福島・小倉・函館の3場開催。天気は福島が曇り時々雨、小倉が晴れのち曇り、函館が雨時々曇りの予報となっている。

■ハンデGIII・函館記念
 函館11Rは芝2000mの函館記念(GIII)。函館開催のラストを飾るハンデ戦で、昨年の新潟大賞典勝ち馬サンレイポケットがトップハンデの57.5kgを背負う。他に、橋田満調教師のJRA全10場重賞制覇がかかるスカーフェイスは55kg。

■福島テレビOPにコムストックロードなど
 福島11Rは芝1200mの福島テレビオープン(OP)。今年の葵S2着馬コムストックロード、オープン入り初戦のオパールシャルム、昨年の2着馬ヴェスターヴァルトなど。

■小倉11R・博多Sにムジカなど
 小倉11Rは芝2000mの博多S(3勝)。久々に松山弘平騎手とコンビを組むムジカ、モーリス×シーザリオの良血ルペルカーリア、重賞勝ち馬カンタービレの全弟ロックユーなどがオープン入りを狙う。

■福島10Rはブラックブロッサムが中心
 福島10Rは芝2600mの信夫山特別(2勝)。ここは3歳馬ブラックブロッサムが中心になりそう。前走京都新聞杯は1番人気に支持されるも5着。秋の重賞戦線に向けきっちり巻き返しておきたいところだ。鞍上は初コンビの田辺裕信騎手。

■小倉10Rでドナウエレン復帰
 小倉10Rは芝1200mの戸畑特別(2勝)。母がドナウブルーという良血のモーリス産駒ドナウエレンは1年1か月ぶりの休み明けとなる。鞍上は未勝利勝ち以来の北村友一騎手。また、兵庫所属のダイヤモンドダストが松木大地騎手とのコンビで参戦。

■福島5Rの新馬戦にフェブランシェなど
 福島5Rは芝1800mで行われる牝馬限定の新馬戦。パッシングスルーを姉に持つリアルスティール産駒フェブランシェ、セレクトセール9900万円のドゥラメンテ産駒ノットファウンドなどがデビュー。

■小倉5Rの新馬戦はネアセリーニに注目
 小倉5Rは芝2000mの新馬戦。松山弘平騎手を背にデビューするネアセリーニは、母が米G1馬というハーツクライ産駒。調教で年長馬相手に見劣らない動きを見せており、初戦から期待できそうだ。

■函館5Rでキングズレインらが初陣
 函館5Rは芝1800mの新馬戦。タッチングスピーチの仔キングズレイン、藤田晋氏の所有馬ヒラリ、芦毛のゴールドシップ産駒ウインルーティンなどが初陣となる。

■地方では2重賞
 高知競馬場では18時15分にトレノ賞が行われ、3連勝中のブラックランナー、10歳でもスピード健在のダノングッドなどが激突。帯広競馬場では20時10分に旭川記念が行われ、安定感抜群のメムロボブサップ、実績馬アアモンドグンシンなどが参戦する。