先々週までの段階で、勝ち上がった2歳馬は58頭。そのうち、5頭はエピファネイア産駒ということで「ポスト・ディープ」の時代はやはりこの馬になるのか、といった感じ。5頭の勝ち上がりはすべて芝だが、距離は1200m、1400m、1600m、1800mと幅広い。

 昨年の新種牡馬、シルバーステートは3頭が勝ち上がっているが、芝1800mで2頭。カルロヴェローチェ(栗東・須貝尚介厩舎)が新馬勝ちし、この時の3着だったゴッドファーザー(美浦・萩原清厩舎)が福島の未勝利を勝ち上がり。初年度産駒はウォーターナビレラ(栗東・武幸四郎厩舎)やロン(栗東・石橋守厩舎)といった牝馬の活躍が目立ったが、2年目は牡馬にも注目してみたい。

【7月23日(土) 小倉芝1200m】

◆クールジャーマン(牡、父ミッキーアイル、母クールマギー、栗東・松下武士厩舎)

 おばに芝で4勝を挙げたサムシングジャスト(父ヴィクトワールピサ)がいる血統。また、父ミッキーアイルの産駒はメイケイエール(栗東・武英智厩舎)、ナムラクレア(栗東・長谷川浩大厩舎)と小倉2歳Sを連勝中。

 本馬は7月6日の栗東坂路で4F53.0秒をマーク。時計自体は地味に見えるが、ラップが13.9秒、13.3秒、12.9秒、12.9秒と持続的。このあたりにスピードある素質の高さを感じさせるし、1週前追い切りのCWでは時計こそ遅くなったが、抜群の手応えで動くことができている。

【7月24日(日) 小倉芝1800m】

◆ディオファントス(牡、父モーリス、母ディオジェーヌ、栗東・斉藤崇史厩舎)

 半兄に新馬、紫菊賞と連勝したものの、その後は長期休養しているリブースト(父ハービンジャー)がいる。リブーストを管理する佐々木晶三調教師は連勝した時に「クラシックを意識できる」と大きな期待をしていた馬だ。

 本馬も「もちろん、いい馬ですよ」と斉藤崇史調教師の評価は高い。ゲート試験合格後に一旦放牧へ出て、再入厩で仕上げていく形。6月29日のCWでの追い切り自体では、まだまだ反応が鈍いといった感じだったが、先週のCWでは3頭併せの真ん中に入って、しっかりと動かされる形。最後の直線は11.6秒と速いラップを踏むことができたし、追い切るごとに確実に良くなっている。鞍上は北村友一騎手が予定されている。

◆レッドソリッド(牡、父ドレフォン、母ステレオグラム、栗東・音無秀孝厩舎)

 おじに2013年皐月賞、2016年安田記念といったGIを制したロゴタイプ(父ローエングリン)がいる血統。父ドレフォンの産駒は初年度から皐月賞を制したジオグリフ(美浦・木村哲也厩舎)などを輩出している。

 本馬は5月27日にゲート試験を合格した後、一度放牧へ出ての再入厩。7月6日のCWでの3頭併せの一番外、先週デビューした2頭が内にいる状態だったが「いい動きでしたよね」と音無秀孝調教師。7月13日の坂路では、レースでも騎乗予定の松山弘平騎手が跨り、古馬OPのダノンマジェスティを追走。さすがに追いつかなかったが、時計は4F52.0秒と速い数字をマークしている。

【7月24日(日) 福島芝1200m(牝)】

◆アウクソー(牝、父サトノアラジン、母ヴィリエルバクル、栗東・安田隆行厩舎)

 母系に芝短距離で4勝を挙げたラルムドランジュ(父Dansili)がいる血統で、2020年セレクトセール当歳にて、2500万円で落札されている。半兄に同厩舎で管理された、キンシャサノキセキ産駒のユアソーラがいるが「タイプは違いますね」と安田隆行調教師。

 また「6月15日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩しましたが、調教を進めながら馬体が増えていっているのは、良い傾向ですね。鍛えながら成長しているといった感じです」と同師。先々週、先週と週中にCWで追い切り、先週は道中のラップが遅かったとはいえ、ラスト1Fが11.2秒の伸び。もともとは新潟開催でのデビューを予定していたが、状態の良さを考慮しての前倒しデビュー。鞍上は戸崎圭太騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)