ウォーターナビレラがオークス以来の休み明けを迎える。重賞2勝目を挙げ、秋に向けて弾みをつけることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/31(日) クイーンS(3歳上・牝・GIII・札幌芝1800m)

 ウォーターナビレラ(牝3、栗東・武幸四郎厩舎)は昨年11月のファンタジーSで重賞初勝利をあげ、その後もGIの阪神JFで3着、桜花賞で僅差2着と世代上位の活躍をしてきた。前走のオークスは13着に敗れたが、距離短縮、そして斤量52kgで挑める今回巻き返しは必至だろう。鞍上は武豊騎手。

 テルツェット(牝5、美浦・和田正一郎厩舎)は昨年ダービー卿CTと函館開催だったクイーンSで重賞2勝。その後は前走ヴィクトリアマイルで13着など勝ち星から遠ざかっているが、鋭い末脚は健在であり巻き返しが期待される。鞍上は初コンビの池添謙一騎手。

 その他、巴賞で久々の白星を挙げたホウオウピースフル(牝5、美浦・大竹正博厩舎)、これまで重賞で6回連対しているマジックキャッスル(牝5、美浦・国枝栄厩舎)、ヴィクトリアマイルで僅差4着だったローザノワール(牝6、栗東・西園正都厩舎)、今年の愛知杯勝ち馬ルビーカサブランカ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。