7月26日、27日に新ひだか町の北海道市場で、サラブレッド1歳市場の「セレクションセール2022」が開催されている。セール2日目は1日目同様、10時00分開始を予定している。

 これまでホッコータルマエ、ビッグアーサー、セイウンワンダー、ダイアトニック、ディープボンドなどを送り出した同セールに、今年もさまざまな注目馬が集まった。今回は2日目の上場馬145頭(欠場馬6頭)の中から、注目馬を10頭紹介する。

■上場番号163 スワンレークの2021(牝)
父 :アルアイン
母父:ロードカナロア
生産:前田ファーム(新ひだか町)

 伯父はスプリントGIIIを3勝し2011年のスプリンターズS(GI)で2着などの実績を持つパドトロワ。二代母グランパドドゥは2001年の中日新聞杯(GIII)覇者で、その半妹ステレオタイプの仔に2012年朝日杯FS(GI)、2013年皐月賞(GI)、2016年安田記念(GI)とGIを3勝したロゴタイプがいる。

■上場番号165 ローザミスティカの2021(牡)
父 :デクラレーションオブウォー
母父:アグネスタキオン
生産:矢野牧場(新ひだか町)

「薔薇一族」として知られるローザネイの牝系で、二代母ロゼカラーは1995年デイリー杯3歳S(GII)覇者。伯母には2001年の牝馬限定GIで2着が3回のローズバドがおり、その仔に2009年の朝日杯FS(GI)と2010年のジャパンカップ(GI)を制したローズキングダムがいる。

■上場番号171 インザスポットライトの2021(牝)
父 :キズナ
母父:Exceed And Excel
生産:レイクヴィラファーム(洞爺湖町)

 1991年の英愛ダービーなど大レースを制したジェネラスをはじめ、名馬を多数輩出するDoff the Derbyの一族で、同じ牝系からは2016年の皐月賞馬ディーマジェスティや、2019年のスプリンターズS(GI)覇者タワーオブロンドンなどが出ている。

■上場番号179 サファーガの2021(牡)
父 :サンダースノー
母父:アグネスタキオン
生産:藤沢牧場(新ひだか町)

 伯父は3連勝で1998年の朝日杯3歳S(GI)を制し、度重なる故障を乗り越えて2002年に復活し安田記念(GI)を勝利したアドマイヤコジーン。父サンダースノーは史上初のドバイワールドカップ(首G1)連覇を果たした実績を持ち、2020年より日本で種牡馬として供用されている。

■上場番号180 チェルビムの2021(牡)
父 :ルーラーシップ
母父:サンデーサイレンス
生産:奥山牧場(日高町)

 ダイナカールの3×3という強烈な牝系クロスを抱えており、二代母カーリーエンジェルは1997年の年度代表馬エアグルーヴの半姉にあたる。母チェルビムのきょうだいには2006年の高松宮記念(GI)覇者オレハマッテルゼ、重賞2勝馬エガオヲミセテ、2015年の京成杯AH(GIII)覇者フラアンジェリコなどがいる。

■上場番号197 スイートサルサの2021(牝)
父 :ロードカナロア
母父:デュランダル
生産:シンボリ牧場(日高町)

 母スイートサルサは2012年にデビューし、牝馬重賞路線で好走を重ねて2015年の福島牝馬S(GIII)を勝利した。5代母Queridaを基点として、2005年の日米オークスを制したシーザリオや、その仔であるエピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアなどと同じ一族にあたる。

■上場番号200 ジャジャマーチャンの2021(牝)
父 :カリフォルニアクローム
母父:アドマイヤコジーン
生産:嶋田牧場(新ひだか町)

 半兄に現在オープン2勝を挙げ、昨年と去年の高松宮記念(GI)で4着に好走したトゥラヴェスーラ、2019年のアーリントンカップ(GIII)で3着となったトオヤリトセイトがいる。母の全姉には2007年のスプリンターズS(GI)を含む短距離重賞4勝を挙げたアストンマーチャンがいる。

■上場番号217 キンショーユキヒメの2021(牡)
父 :キズナ
母父:メイショウサムソン
生産:佐藤牧場(新冠町)

 母は2015年8月に小倉競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。2017年のムーンライトH(1600万下)を制してオープン入りを飾ると、2018年の福島牝馬S(GIII)で道中9番手から上がり最速の末脚を繰り出し重賞初制覇を果たした。本馬は母の2番仔にあたる。

■上場番号303 フォルクスオーパーの2021(牝)
父 :キンシャサノキセキ
母父:テイエムオペラオー
生産:宮内牧場(浦河町)

 4代母BalladeはDevil's Bag、Saint Balladoなど優秀な種牡馬を送り出した名繁殖で、同じ一族にはRahy、シングスピール、Sligo Bayほか名馬・名種牡馬が数多く並ぶ。日本では2010年のNHKマイルカップ(GI)覇者ダノンシャンティや重賞を2勝し2013年の宝塚記念(GI)でも2着に好走したダノンバラードなどが出ている。

■上場番号311 ピンクシャンパンの2021(牝)
父 :デクラレーションオブウォー
母父:ディープインパクト
生産:富田牧場(浦河町)

 二代母ピンクカメオは2007年のNHKマイルカップ(GI)覇者で、その半兄は1999年のスプリンターズS(GI)と2001年の安田記念(GI)を制したブラックホーク。同じ一族からはステイフーリッシュ、ロジチャリス、グレイルなど重賞覇者が多数出ている。父はアメリカで生まれ英G1を2勝した活躍馬で、2019年より日本で種牡馬として供用されている。