30日、新潟競馬場で行われた新潟ジャンプS(3歳上・JGIII・障害3250m)は、スタート直後から逃げて障害を飛越していった黒岩悠騎手騎乗の3番人気ホッコーメヴィウス(セ6、栗東・清水久詞厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、同馬をマークしていた1番人気ゼノヴァース(牡5、栗東・小林真也厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分28秒4(良、コースレコード)。

 さらに4馬身差の3着に4番人気ヴァーダイト(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、2番人気ケイティクレバー(牡7、美浦・清水英克厩舎)は10着に終わった。

 勝ったホッコーメヴィウスは、父ダイワメジャー、母ホッコーメモリー、その父ダンシングブレーヴという血統。6度目の重賞出走にして待望の初制覇となった。鞍上の黒岩悠騎手にとっても重賞は初勝利。