ハピに注目したい。4着に敗れたジャパンダートダービーから巻き返し、重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/7(日) レパードS(3歳・GIII・新潟ダ1800m)

 ハピ(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)は鋭い末脚を武器に新馬戦、1勝クラス、鳳雛S(L)でデビュー3連勝をあげたキズナ産駒。前走のジャパンダートダービーは馬場状態や展開に恵まれず4着に終わったが、ここでは実績上位なだけに巻き返しが期待される。鞍上は藤岡佑介騎手。

 ホウオウルーレット(牡3、美浦・栗田徹厩舎)はオメガパフュームの半弟にあたるロージズインメイ産駒。2・3走前のオープンでは敗れていたが、前走古馬相手のいわき特別(2勝)で鮮やかに巻き返し5馬身差の圧勝を飾った。実戦を経てレースぶりが良化してきており、重賞初挑戦でもチャンスは十分だろう。鞍上は初コンビの福永祐一騎手。

 その他、関東オークスの2着馬ラブパイロー(牝3、美浦・大和田成厩舎)、前走2勝クラスを8馬身差で制したタイセイドレフォン(牡3、栗東・西村真幸厩舎)、ダートに替わって連勝中のメンアットワーク(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)、ヒヤシンスS・2着などの実績があるヘラルドバローズ(牡3、栗東・寺島良厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。