スワーヴアラミスに注目したい。函館開催だった昨年に続き、2年連続でエルムSの制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/7(日) エルムS(3歳上・GIII・札幌ダ1700m)

 スワーヴアラミス(牡7、栗東・須貝尚介厩舎)は1月の東海Sで鋭い差し切りを決めて重賞3勝目。その後の3走は敗れているが、コースや展開が向かなかった面もあり見直す余地は十分。良績の多い1700mに替わるここで巻き返しに期待。鞍上は松田大作騎手。

 ブラッティーキッド(牡4、栗東・中尾秀正厩舎)は昨年11月から今年3月にかけて園田・姫路で5連勝して中央競馬に再転入すると、その後も勢い止まらず1勝クラスから土つかずでオープン入り。ここにきて完全に本格化しており、重賞初挑戦からチャンスはありそう。水口優也騎手と人馬共に重賞制覇なるか。

 その他、昨年の2着馬オメガレインボー(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)、休養明け2走目となる昨年の関東オークス勝ち馬ウェルドーン(牝4、栗東・角田晃一厩舎)、大沼Sを制したアイオライト(牡5、美浦・武藤善則厩舎)、プロキオンSで2着に激走したヒストリーメイカー(牡8、栗東・新谷功一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。