3歳ダート馬の出走機会拡大、夏季競馬の振興、秋季ダート路線の充実を狙い2009年に創設され、2011年には「GIII」に格付けされたレパードS(3歳・GIII・ダ1800m)。各馬の負担する斤量は、有力馬の参戦を促す観点から馬齢重量(牡馬・セン馬は56kg、牝馬は54kg)に設定されている。

 今回は、同レースにおける過去の勝ち馬を振り返っていく。

■第一回覇者(2009年) トランセンド(牡)

 3歳時の2月にデビューを迎え、ダートでは3戦無敗という戦績を提げて臨み、道中2番手追走から抜け出し、前年の全日本2歳優駿(JpnI)覇者スーニの追撃を3馬身振り切って重賞初制覇を飾った。同馬は2010年のジャパンカップダート(GI)、2011年のフェブラリーS(GI)を勝利した。

 GI連勝後はドバイ遠征を敢行。ドバイワールドカップ(首G1)で2着となり、日本馬ヴィクトワールピサとの日本馬ワンツーフィニッシュを飾った。さらに帰国初戦となった10月のマイルCS南部杯(JpnI)を勝利すると、12月のジャパンカップダートではエスポワールシチーやワンダーアキュートなど強豪馬を振り切り、2馬身差をつけて同競走史上初の連覇を達成。2011年のJRA賞最優秀ダートホースに輝いた。

■第二回覇者(2010年) ミラクルレジェンド(牝)

 2009年8月にデビューを迎え、ダート転向後に3連勝。同年7月にジャパンダートダービーで4着に好走し、レパードSに臨んだ。レースではヴァーミリアンの半弟ソリタリーキングに支持が集まる中、道中11番手から進出を開始し、2着馬グリッターウイングをゴール前でハナ差差し切り重賞初制覇を果たした。

 その後は2011年から2012年にかけてJBCレディスクラシック(当時はJpnI格付け前)を連覇するなど重賞8勝を挙げる活躍を見せた。現役引退後、繁殖牝馬としてリステッド競走2勝を挙げたグレートタイムを出した。

■第四回覇者(2012年) ホッコータルマエ(牡)

 3歳時の1月にデビューを迎え、8戦3勝の実績を提げてレパードSに挑んだ。本番では4番手から徐々に進出し、後の武蔵野S(GIII)覇者イジゲンや2014年のアンタレスS(GIII)覇者となるナムラビクターの追撃を抑えて重賞初制覇を果たした。

 その後もダート重賞路線で好走を続け、2013年の佐賀記念(JpnIII)から連勝街道を歩み、同年のかしわ記念(JpnI)でGI級競走初勝利を果たした。2014年のJRA賞最優秀ダートホースに輝くなど実績を重ね、2016年11月のラストランまでGI・JpnIを10勝。これは当時の日本競馬史上初となる記録だった。

■第五回(2013年) インカンテーション(牡)

 2012年7月にデビューを迎え、2013年7月の濃尾特別(1000万下)を勝利しレパードSに臨んだ。レースではのちに中京ダート1800mのレコードを更新するサトノプリンシパルがハナを切り、それを見るかたちで追走。3コーナーから位置を押し上げたケイアイレオーネや10番手から追い込んだジェベルムーサなどの追撃を抑えて2.1/2馬身差の快勝。重賞初制覇を飾った。

 その後、2014年11月のみやこS(GIII)、2015年の平安S(GIII)など重賞を6勝。2015年のフェブラリーS(GI)、2017年のかしわ記念(JpnI)で2着など、度重なる骨折を乗り越えて8歳まで現役を続けた。現在は種牡馬として供用されており、今年初年度産駒がデビューを迎えている。

■第十二回(2020年) ハヤヤッコ(牡)

 2018年6月にデビュー。2戦目の未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がり、2019年3月にダートの500万下条件を勝利した。前年の全日本2歳優駿(JpnI)と同年7月のジャパンダートダービー(JpnI)で2着の実績を持つデルマルーヴルが人気を集めたレース本番では、道中12番手の位置から後方一気の末脚を繰り出し、単勝10番人気の伏兵評価を覆して勝利。白毛馬による史上初のJRA重賞制覇だった。

 その後、東京ダート2100mのオープン戦で2勝。今年3月から再び芝路線にも顔を出し、7月に行われた函館記念(GIII)では、緩みのないペースで進んだ最終直線でぐいぐいと伸びて重賞2勝目を飾った。8月の札幌記念では、近親馬ソダシとの「白毛馬対決」が期待されている。

 今年はデビュー3連勝で鳳雛S(L)を制したハピ(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)、東京大賞典4連覇を果たしたオメガパフュームを半兄に持つホウオウルーレット(牡3、美浦・栗田徹厩舎)など、新進気鋭のメンバーが揃った。さらなる飛躍を遂げるのはどの出走馬か。発走時刻は15時45分を予定している。