8月7日にフランスのドーヴィル競馬場で行われるモーリスドゲスト賞(3歳上・仏G1・芝1300m)に出走予定のキングエルメス(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)について、同馬の調教状況および関係者のコメントがJRAのホームページ上で発表された。

 キングエルメスは父ロードカナロア、母ステラリード、母の父スペシャルウィークという血統。昨年6月にデビューし、キャリア3戦目となった京王杯2歳S(GII)で重賞初制覇を果たした。今年4月のアーリントンC(GIII)で故障からの復帰戦を迎えると、5月のNHKマイルC出走後に海外遠征を敢行。イギリスのニューマーケット競馬場で行われたジュライC(英G1)に出走した。今回が海外2戦目となる。

【8月3日の調教状況】
ドーヴィル競馬場の芝コースで坂井瑠星騎手が騎乗。半マイルのうち、最後の2ハロンを強めに追い切った。

【矢作芳人調教師のコメント】
「ニューマーケット滞在時も本馬場で追い切りましたが、坂に戸惑っているように見えました。

 しかし、今日はコースが平坦であることもあり、良い動きに見えました。一度レースを使って、状態は上がっていると思います」

【坂井瑠星騎手のコメント】
「前走の最終追い切り時と比べて反応が良く、状態も良くなっていると感じます。

 前回のコースと比べて条件も明らかに向いていると思うので、なんとか良い競馬をしたいです」

(JRAのホームページによる)