ジェラルディーナに注目したい。2戦2勝の実績がある小倉で重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/14(日) 小倉記念(3歳上・GIII・小倉芝2000m)

 ジェラルディーナ(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)は母がジェンティルドンナという良血のモーリス産駒。前走は鳴尾記念で2着となり、重賞で初めて馬券圏内に好走した。2戦2勝の小倉に替わるここで重賞初制覇を期待したい。鞍上は福永祐一騎手。

 マリアエレーナ(牝4、栗東・吉田直弘厩舎)はクロフネ産駒で、ここまで今年の愛知杯とマーメイドSで重賞2着が2回。格上挑戦で新潟牝馬Sを制して以降も大崩れせずに走っており、引き続き上位争いを期待できるだろう。鞍上は松山弘平騎手。

 その他、前走中京記念で2着のカテドラル(牡6、栗東・池添学厩舎)、今年の毎日杯勝ち馬ピースオブエイト(牡3、栗東・奥村豊厩舎)、今年の京都記念2着馬タガノディアマンテ(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)、重賞3勝の古豪カデナ(牡8、栗東・中竹和也厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。