8月1日から8月7日の期間では、昨年のフェアリーS(GIII)と紫苑S(GIII)を制し同年の秋華賞(GI)と今年のヴィクトリアマイル(GI)で2着に好走したファインルージュ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)、2020年の中山牝馬S(GIII)と福島牝馬S(GIII)を制したフェアリーポルカ(牝6、栗東・西村真幸厩舎)と、2頭の重賞馬がJRA登録を抹消された。

 また、短距離重賞で活躍したシーイズトウショウを母に持ち自身も2017年のオーロC(OP)を制覇し10歳まで現役を続けたトウショウピスト(牡10、美浦・土田稔厩舎)、卓越した先行力を武器に昨年3月の六甲S(L)を制したクリスティ(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)、2019年の阪神JF(GI)3着や2020年の桜花賞(GI)4着などの実績を持つクラヴァシュドール(牝5、栗東・中内田充正厩舎)などもJRA登録を抹消されている。

 収得賞金200万円以上の抹消馬一覧は下記のとおり。

8月3日
アポロマジェスティ
キャンディフロス
クリオズナ
クリスティ
ジュランド
タマモヒメギミ
トモジャチャーリー
トワイライトタイム
ノーリミッツ
ビービーレガロ
フェアリーポルカ
プティシュシュ

8月4日
シゲルメダリスト
トウショウピスト
ハクサンタマテバコ

8月5日
ファインルージュ

8月6日
アルムブラスト
カシノリバイアサン
クラヴァシュドール
グーテンモルゲン
ショウナンワオン
スキップ
テイエムハヤテオー
ユキノプリンセス
レッドアルマーダ

(JRAのホームページによる)