昨年のフェアリーS(GIII)と紫苑S(GIII)を制し同年の秋華賞(GI)と今年のヴィクトリアマイル(GI)で2着に好走したファインルージュ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)が8月5日付で競走馬登録を抹消、今後は北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。JRAがホームページ上で発表した。

 ファインルージュは父キズナ、母パシオンルージュ、母の父ボストンハーバーという血統。

 2020年8月に新潟競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。2走目の未勝利戦を勝ち上がると、昨年のフェアリーS(GIII)で重賞初制覇。牝馬三冠の第一戦・桜花賞(GI)に駒を進め、3着に好走した。同年9月の紫苑S(GIII)を完勝し重賞2勝目を飾ると、秋華賞(GI)では上がり最速の末脚で追い込み2着となった。今年の始動戦となった東京新聞杯(GIII)で2着、続く5月のヴィクトリアマイル(GI)で2着となり、前走の安田記念(GI)5着がラストランとなった。通算成績は10戦3勝。

 叔父に2012年の新潟2歳S(GIII)覇者ザラストロがおり、二代母セクシーココナッツの半弟は当時3歳馬ながら2007年の目黒記念(GII)に挑戦し2着に好走したココナッツパンチ。同牝系からは2018年の全日本2歳優駿(JpnI)覇者ノーヴァレンダや、2016年の青葉賞(GII)覇者ヴァンキッシュラン、2015年のUAEダービー(首GII)を圧勝したムブタヒージなどが出ている。繁殖牝馬としての今後に要注目だ。

(JRAのホームページによる)