【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆小倉記念、気になる馬は…

 暑さが続いていますが、皆さん、食べていますか?

 先週、気づけば1週間、ほとんど水分ばかりでご飯やおかずを口にしていない状況に。

 そして今週月曜日が胃カメラ検査などの健康診断もあり、最後の最後で完全に24時間以上、水のみで過ごしていたら、真夏なのに寒い・頭痛い・気持ち悪い状況に襲われ、歩くのもやっとの状態に…。

 検査後、直ぐにリンゴジュースと黒飴が補充され生き返ったのですが、改めて、人間は食べないとフラフラになるのだと思い知らされ、怖くなりました。

 しかし、そんな状況にもかかわらず、血液や骨密度、MRIなどの検査結果は全てにおいて異常なし。しかも視力においては昨年同様左右共に1.5という結果。

 丈夫な体に産んでくれた母親に感謝すると共に、人間って自分が思っている以上に頑丈なのだと、何とも不思議な気持ちになりました。

 さて先週のレパードSですが、コースを考えてハナを主張しそうなヘラルドバローズを本命にしましたが、想像以上に前が厳しい展開に…。

 もともとハミをさらうような前ノメリな走りをするタイプでもあるだけに、自分のリズムでいけないと苦しいところがあったのかな…と思える走り。

 しかしながら、新潟は前々有利と思っていると、結果的に今回のようなケースも。そう考えると、軸は自在性とデキの良さからタイセイドレフォンにすべきだったなぁ…と反省でした。

 さて今週末は小倉で小倉記念となります。

 中2週空いての小倉。馬場状態的にどうなるのか? 土曜日のレースを見て予想をしたいところですが、小倉で行われた中京記念を振り返ると、どうしても気になってしまうのがカテドラル。

 前走においても近走と変わらずスタートはユックリであったものの、向正面からゴール前においての脚は見事。変わり身を感じるレース内容&走りでした。

 今回、さらに1ハロン延びる点とスタートしてからの最初のコーナーまでの入り口が長い点、そして続けて団野騎手騎乗という点の3つにおいては個人的には全てプラス材料な気がします。

 また枠次第ではありますが、仮にカテドラルが前回のような競馬ができれば、51kgの斤量で横山典弘騎手という点でムジカも気になる1頭。

 現時点ではこの2頭に注目しています。

 それでは皆さん、日曜日午後3時はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

【関連記事】