8/14(日)は新潟・小倉・札幌の3場開催。天気は新潟が雨、小倉が曇り、札幌が曇りのち晴れの予報となっている。

■サマーマイル第3弾・関屋記念
 新潟11Rは芝1600mの関屋記念(GIII)。安田記念以来のイルーシヴパンサーやダノンザキッド、重賞2戦連続2着のスカイグルーヴ、リステッド競走連勝中のウインカーネリアンなど好メンバーが集まった。

■ハンデ重賞・小倉記念
 小倉11Rは芝2000mの小倉記念(GIII)。ジェンティルドンナの娘で重賞初制覇を狙うジェラルディーナは54kg、今年の毎日杯勝ち馬ピースオブエイトは53kg、前走に続いて今村聖奈騎手が手綱を取るカデナがトップハンデの57.5kgで出走。

■札幌11R・UHB賞にタイセイアベニールなど
 札幌11Rは芝1200mのUHB賞(OP)。ハンデ戦であり、2走前の函館スプリントSで3着だったタイセイアベニールがトップハンデの56kgを背負う。他に、4ハロンの距離短縮となるアドマイヤジャスタは55kg、前走同舞台の3勝クラスを11番人気で制したミニオンペールは52kg。

■不知火Sで良血エスコーラ復帰
 小倉10Rで行われる芝1800mの不知火S(3勝)で、きょうだいにサラキアなどがいるディープインパクト産駒エスコーラが9か月半ぶりの休み明けを迎える。乗り込み量豊富で、ここも勝ち負けの期待は十分。鞍上は福永祐一騎手。

■三面川特別でストーリアの3連勝なるか
 新潟10Rは芝1800mで行われる牝馬限定の三面川特別(2勝)。ロードマイウェイを兄に持つリオンディーズ産駒ストーリアは、未勝利、1勝クラスと連勝中。初の古馬との対決も制して3連勝なるか。鞍上は戸崎圭太騎手。

■新潟5Rでタワーオブロンドン半弟が初陣
 新潟5Rは芝1800mの新馬戦。19年のスプリンターズS覇者タワーオブロンドンを兄に持つハーツクライ産駒サスツルギが人気の中心になりそう。鞍上はC.ルメール騎手。他には、ゲッカコウの初仔マイネルモーントなど。

■小倉5Rでバルサムノートなどがデビュー
 小倉5Rは芝1800mの新馬戦。エピセアロームの仔バルサムノート、ミューチャリーの全弟ゴッドブルービー、ティルナノーグの半妹レミージュなどが初出走を迎える。

■札幌5Rの新馬戦にファンタジスト全弟出走
 札幌5Rは芝1800mの新馬戦。吉田隼人騎手を背にデビューするアスクメークシェアは、重賞2勝馬ファンタジストの弟にあたるロードカナロア産駒。順調に乗り込まれており、初戦から期待できそうだ。

■地方では3重賞
 盛岡競馬場では17時40分に2歳重賞・若鮎賞が行われ、デビュー3連勝中のフジラプンツェルなどが出走。金沢競馬場では18時05分に3歳牝馬の加賀友禅賞が行われ、6連勝中のスーパーバンタムなどが出走。帯広競馬場では20時05分にばんえいグランプリが行われ、11戦連続で連対しているメムロボブサップなどが出走する。

■バスラットレオンがジャックルマロワ賞挑戦
 日本時間22時55分には、フランスのドーヴィル競馬場でジャックルマロワ賞(G1・牡牝・芝直線1600m)が行われ、日本からバスラットレオンが出走する。鞍上は坂井瑠星騎手。国内での馬券発売も行われる。