9月7日に園田競馬場で開催される第29回ゴールデンジョッキーカップの概要が17日、園田・姫路競馬のホームページ上で発表された。中央競馬・地方競馬の免許取得期間内において通算2000勝以上を挙げた騎手が招待され、12名のジョッキーが3レースを通して、着順ポイントの合計で優勝を争う。

 今年の出場騎手は下記の通り。
 ※付記する勝利数は2022年8月14日時点における中央・地方を含む通算成績。

岩田康誠騎手(JRA 4953勝
戸崎圭太騎手(JRA) 3737勝
福永祐一騎手(JRA) 2656勝
山本聡哉騎手(岩手) 2213勝
森泰斗騎手(船橋) 3772勝
岡部誠騎手(名古屋) 4581勝
赤岡修次騎手(高知) 4279勝
山口勲騎手(佐賀) 5104勝
川原正一騎手(兵庫) 5776勝
下原理騎手(兵庫) 3323勝
田中学騎手(兵庫) 4519勝
吉村智洋騎手(兵庫) 2832勝

 着順ポイントの点数は下記内容に従って算出される。

1着 20pt
2着 15pt
3着 13pt
4着 11pt
5着 10pt
6着 7pt
7着 6pt
8着 5pt
9着 4pt
10着 3pt
11着 2pt
12着 1pt

 総合ポイントが同点となった場合は、騎乗した騎手のうち最上位着順を記録した者を上位とする(それでもなお同じ場合は、最終競走の上位着順を記録した騎手が上位となる)。また、出走取消などで騎手本人の責によらず騎乗が不可能となった場合は「6点」となり、競走中止は1点。本人の責によって騎乗が不可能となった場合は0点、また同着の場合は、その着順以下の同着となった者の数に相当する着順までの合計得点を等分し、加算する。

(園田・姫路競馬のホームページによる)