現地時間8月19日にイギリスのヨーク競馬場で行われるG1・ナンソープS(2歳上・芝1000m)の出馬表が確定した。

 フレッシュな3歳馬や歴戦の古馬が名を連ねる中、2歳牝馬ザプラチナムクイーン(The Platinum Queen)がここに参戦し、注目を集めている。

 ザプラチナムクイーンは父Cotai Glory、母Thrilled、母の父Kodiacという血統の愛国産馬。パーフェクトパワーなどを手がけるR.フェイヒー厩舎の管理馬。

 デビューからここまで芝の5ハロン戦に出走しており、現在一般戦を2連勝中。前走はイギリス・グッドウッド競馬場の2歳コースレコードとなる56秒5で走破した。通算成績は4戦3勝。

 現在1番人気に支持されているのはロイヤルアクレイム(Royal Aclaim、牡3)。ここまで3戦3勝の無敗馬で前走はリステッド競走を制している。その後の2番人気にザプラチナムクイーンが続いており、2歳馬による古馬混合G1制覇の快挙が期待される。

 2007年のナンソープSでは、キングズゲートネイティヴ(Kingsgate Native)が2歳馬ながら古馬スプリンターに勝利を収めており、15年ぶりの快挙達成となるか注目したい。