9月4日にドイツのバーデンバーデン競馬場で行われるバーデン大賞(独G1)に、昨年の凱旋門賞馬トルカータータッソ(牡5、Torquator Tasso)と、今年の独ダービー馬サンマルコ(牡3、Sammarco)が参戦する。

 トルカータータッソは父Adlerflug、母Tijuana、母の父Toylsomeという血統のドイツ産馬。昨年の凱旋門賞(仏G1)で伏兵評価を覆し、2011年デインドリーム以来のドイツ馬による同競走制覇を果たした。また、昨年のバーデン大賞覇者でもあり、今回のレースでは連覇がかかる。

 サンマルコは父Camelot、母Saloon Sold、母の父Soldier Hollowという血統のアイルランド産馬。今年7月の独ダービー(独G1)で接戦を制すると、同月のダルマイヤー大賞(独G1)で古馬を相手に差し切りG1連勝を果たしている。

 トルカータータッソは昨年10月の凱旋門賞制覇後、休養を挟んで今年5月に復帰。5月の始動戦では6着に敗れたが、7月のハンザ大賞(独G2)で快勝。続くキングジョージ&クイーンエリザベス2世S(英G1)ではパイルドライヴァー(牡5、Pyledriver)の2着に入線するなど立て直している。

 またサンマルコについて、独競馬メディア『GaloppOnline』によれば「バーデン大賞で3着以内にサンマルコが入線した場合、凱旋門賞への参戦を検討する」と陣営のコメントを報じている。欧州最強馬バーイード参戦の可能性が浮上し、ますますの注目が集まる凱旋門賞に新たな刺客登場か。要注目だ。