インゼルサラブレッドクラブは2日、同クラブの2022年度募集を開始したことを発表した。

 昨年から募集を開始したインゼルサラブレッドクラブは、第一世代が今年デビューを迎えた。9/2時点で募集馬19頭中5頭がデビューし、2頭が勝ち上がり。中でもクリダームは同クラブの初出走初勝利を達成し、続くGIII・函館2歳Sでも2着に好走している。

 今年は計20頭の募集を予定しており、ノーザンファームやアイルランドのクールモアスタッドの生産馬などがラインナップ。重賞馬シゲルピンクルビーの半妹や英仏でG1を勝利したローリーポーリーの初仔など様々な募集馬を取り揃えている。

 また、競馬の魅力や楽しみ方をより多くの人に伝えることを目的とした「Insel Fun Fund(IFF)」が、今年は全頭を対象にパッケージ化される。IFFは、募集馬全頭に夢を託すことができる同クラブの独自商品で、2022年度の募集馬全20頭に出資することができる。

 2022年度の募集馬など、その他の詳細は下記の通り。

◆インゼルサラブレッドクラブ2022年度募集馬
※募集馬、父名、性別、厩舎
ヴィニーの21(牡)、ロードカナロア、池江泰寿
チカリータの21(牝)、ロードカナロア、小崎憲
ローリーポーリーの21(牝)、Justify、蛯名正義
テルアケリーの21(牝)、シルバーステート、友道康夫
ゴルトキルシェの21(牡)、レッドファルクス、大久保龍志
サラフィナの21(牡)、ブリックスアンドモルタル、友道康夫
マーブルカテドラルの21(牝)、エピファネイア、松永幹夫
レトIIの21(牡)、エピファネイア、国枝栄
スカイダイヤモンズの21(牝)、リアルスティール、鹿戸雄一
エレクトラムの21(牝)、リアルスティール、手塚貴久
ラルクの21(牡)、Golden Horn、松永幹夫
ダンシングオンエアの21(牡)、Saxon Warrior、四位洋文
ヤンキーブライトの21(牝)、Practical Joke、森秀行
ユイフィーユの21(牡)、レイデオロ、武幸四郎
シャブリの21(牝)、エピファネイア、岡田稲男
アルーリングハートの21(牝)、ブリックスアンドモルタル、須貝尚介
エルパンドールの21(牝)、エピファネイア、石橋守
ムーンライトベイの21(牝)、キズナ、渡辺薫彦
モーニングリズの21(牡)、キタサンブラック、清水久詞
ヤマンの21(牡)、ドレフォン、小崎憲

◆株式会社インゼルレーシング代表取締役・松島悠衣氏のコメント
「ロードカナロア、エピファネイア、キズナ、ドレフォン、シルバーステートなど、リーディング上位にランクインする種牡馬の良血馬を、日本を代表する各牧場さまから御提供いただきました。この厳選されたサラブレッドたちに『夢』を託し、一つずつ勝ち星を積み重ねていきたいと思います」

◆募集スケジュール
9月2日(金) 新規会員の受付開始
9月21日(水) 募集価格の発表
9月23日(金) 測尺の発表
10月1日(土) 募集馬のネット申込受付開始

(インゼルサラブレッドクラブのリリースより)