1997年から1800mで行われている2歳重賞で、一昨年は勝ったソダシが桜花賞に、2着ユーバーレーベンがオークスに優勝ほか、昨年の優勝馬ジオグリフは皐月賞に勝った。以前にはジャングルポケットやサクラプレジデント、アドマイヤムーンにロジユニヴァースと翌年のクラシックを賑わせるような馬が多く名を連ねている注目のレースだ。

 今年はコスモス賞を勝ったモリアーナが早々に回避。2勝馬がいない組み合わせとなり、1800m戦を勝ち上がった馬が10頭で、内6頭が札幌競馬場の同距離レースを勝っている。絞りにくい1戦だ。

 ◎ダイヤモンドハンズは良馬場の中京芝1600m新馬戦を勝ち上がって中12週で挑む。世代最初の新馬戦となったこのレースでは五分のスタートから好位に取りつき、最後はあっさりと抜け出した。当時の2着はすでに勝ち上がっておりレベルも低くない。サトノダイヤモンド産駒で、母はアルゼンチンの1000ギニー(ミルギニーズ)優勝馬。サトノダイヤモンドの母系もアルゼンチン色の濃い血統構成になっている。洋芝適性が見込める。

 〇ブラストウェーブは良馬場の函館競馬場芝1800m新馬戦優勝馬で、中7週。全兄ブラストワンピース同様の大型馬で互角のスタートから二の脚を利かせて早めに逃げ馬の直後につけると、最後の直線入り口では先頭に立って力でねじ伏せるようにして先頭ゴールイン。着差はクビだったが3着馬には5馬身の差をつけている。半姉ホウオウピースフルは今年の巴賞の勝ち馬でクイーンS5着馬。洋芝適性は十分だ。

 ▲ドゥーラは良馬場の札幌競馬場芝1800m未勝利戦の優勝馬で中3週。デビュー戦は出遅れて流れに乗れず。最後の直線だけで0.1秒差4着。12キロ絞った2戦目はゲートもしっかり出て、好位で流れに乗ると最後は外に張りながらも鋭く伸びた。1分50秒を切った勝ちタイムも優秀なもの。母は札幌競馬場でデビューして新馬3着、未勝利ハナ差2着。母と1歳違いの半姉には13年函館2歳S優勝クリスマスがいて仕上がりも早い血統だ。

 △フェアエールングは、重馬場の福島芝1800m戦を勝ち上がってきた。一昨年の当レース2着ユーバーレーベンと同じゴールドシップ産駒で半兄に14年2着馬マイネルシュバリエ、半姉に13年2着馬マイネグレヴィルがいる血統。ゴールドシップ自身も11年の2着だから札幌2歳S所縁の血統だ。まだ心身ともに幼さを残すものの注目したい。

 全兄姉が重賞に勝っている△アスクメークシェア、好内容で勝ち上がってきた△シャンドゥレール、優れた先行力を持つ△ビキニボーイは曾祖母の全兄にサクラチヨノオー。奥のありそうな血統で注目だ。