4日、新潟競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・13頭)は、後方2番手からとなった戸崎圭太騎手騎乗の2番人気テンカノギジン(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で内から各馬を差し切り、外から追った8番人気シエロエスティーボ(牡2、美浦・小島茂之厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒1(良)。

 さらに1馬身差の3着に6番人気コスモチプリア(牝2、美浦・田村康仁厩舎)が入った。なお、1番人気ホウオウドラッカー(牡2、美浦・奥村武厩舎)は10着、3番人気レッドマグナス(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)は12着に終わった。

 勝ったテンカノギジンは、父エピファネイア、母モスカートローザ、その父ディープインパクトという血統。セレクトセールにて1億560万円で取引された。