4日、札幌競馬場で行われたすずらん賞(2歳・OP・芝1200m)は、後方から外を回って進出した丹内祐次騎手騎乗の8番人気コスモイグローク(牡2、北海道・田中淳司厩舎)が、直線で前の各馬を交わし、2着の6番人気ナックブレイブ(牡2、美浦・杉浦宏昭厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。

 さらにクビ差の3着に2番人気ミスヨコハマ(牝2、美浦・斎藤誠厩舎)が入った。なお、1番人気スプレモフレイバー(牡2、美浦・久保田貴士厩舎)は4着、3番人気ミシェラドラータ(牡2、栗東・清水久詞厩舎)は5着に終わった。

 勝ったコスモイグロークは、父ジョーカプチーノ、母クールベット、その父キングヘイローという血統。初芝をものともせず、門別ダート1100mの新馬戦に続く2勝目をあげた。