新潟・小倉・札幌開催が終了し、今週から中山・中京の2場開催がスタート。重賞は10日(土)に紫苑S(3歳・牝・GIII・中山芝2000m)、11日(日)には京成杯オータムH(3歳上・GIII・中山芝1600m)とセントウルS(3歳上・GII・中京芝1200m)がスタンバイしている。

 紫苑Sは3着までに秋華賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。昨年の2歳女王サークルオブライフ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)がいよいよ始動するほか、オークス2着馬スタニングローズ(牝3、栗東・高野友和厩舎)などが出走を予定。

 京成杯オータムHはサマーマイルシリーズの最終戦。惜しい走りが続くファルコニア(牡5、栗東・高野友和厩舎)、休み明けのダーリントンホール(牡5、美浦・木村哲也厩舎)などが登録している。

 セントウルSは勝ち馬にスプリンターズSの優先出走権が与えられる前哨戦。重賞5勝馬メイケイエール(牝4、栗東・武英智厩舎)と安田記念覇者ソングライン(牝4、美浦・林徹厩舎)がぶつかる好カードになった。

 また、日本時間11日にはフランスのパリロンシャン競馬場でフォワ賞(4歳上・仏G2・芝2400m)とニエル賞(3歳・仏G2・芝2400m)が行われ、前者にステイフーリッシュ(牡7、栗東・矢作芳人厩舎)とマイラプソディ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、後者にはドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が参戦を予定。いずれも凱旋門賞の前哨戦に位置づけられるレースであり、各馬の走りに注目したい。

 今週の主なスケジュールは以下の通り。

▼9月6日(火)
・ビギナーズC(重賞・盛岡)

▼9月7日(水)
・東京記念(重賞・大井)

▼9月8日(木)
・イノセントC(重賞・門別)
・アフター5スター賞(重賞・大井)
・園田オータムT(重賞・園田)

▼9月10日(土)
・紫苑S(GIII・中山)

▼9月11日(日)
・京成杯オータムH(GIII・中山)
・セントウルS(GII・中京)
・青藍賞(重賞・盛岡)
・鳥栖大賞(重賞・佐賀)
・フォワ賞(仏G2・パリロンシャン)
・ニエル賞(仏G2・パリロンシャン)

▼達成間近の記録

【騎手】
石橋脩騎手:JRA通算800勝まであと3勝
藤岡康太騎手:JRA通算700勝まであと2勝
丸山元気騎手:JRA通算600勝まであと1勝

【調教師】
堀宣行調教師:JRA通算700勝まであと3勝
大江原哲調教師:JRA通算300勝まであと3勝
和田正一郎調教師:JRA通算200勝まであと3勝
竹内正洋調教師:JRA通算100勝まであと2勝
安田翔伍調教師:JRA通算100勝まであと3勝

※当ニュースの内容は9月4日時点