ダーリントンホールに注目したい。6月のエプソムC・3着以来の実戦を勝利で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■9/11(日) 京成杯オータムH(3歳上・GIII・中山芝1600m)

 ダーリントンホール(牡5、美浦・木村哲也厩舎)は20年の共同通信杯を制して以来、長期休養もあり2年ほど結果が出ていなかったが、今年に入って2・3・3着と連続好走して勢いを取り戻しつつある。さらなる飛躍に向けここで賞金を加算しておきたいところだ。鞍上は横山武史騎手。

 ファルコニア(牡5、栗東・高野友和厩舎)は前々走のマイラーズCで0秒1差の3着、前走の中京記念でも0秒1差の3着など惜しい走りが続くディープインパクト産駒。中山は20年スプリングS(4着)以来の出走となるが、こなして今度こそタイトル獲得なるか。鞍上は吉田隼人騎手。

 その他、昨年のターコイズS勝ち馬ミスニューヨーク(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)、前走中京記念を逃げ切ったベレヌス(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)、関屋記念の2着馬シュリ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)、今年の中山牝馬S勝ち馬クリノプレミアム(牝5、美浦・伊藤伸一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。