9月11日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われるニエル賞(3歳・仏G2・芝2400m)。昨年のJRA最優秀2歳牡馬にして今年の日本ダービー馬ドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が凱旋門賞(仏G1)へのステップレースとして出走を予定している。鞍上は武豊騎手が務める予定。

 5日時点での登録馬は下記の通り。※仏競馬メディア『France Galop』を参照。和名五十音順に記載。

アイハル(Aikhal)
オネスト(Onesto)
ガラシールズ(Galashiels)
シークレットステート(Secret State)
シムカミル(Simca Mille)
ストーンエイジ(Stone Age)
デピュティルーラー(Deputy Ruler)
ドウデュース(Do Deuce)
トゥルーテスタメント(True Testament)
ニューロンドン(New London)
ハンニバルバルサ(Hannibal Barca)
ポイントキング(Point King)
ユナイテッドネーションズ(United Nations)
ラストロノーム(L'Astronome)
ラッソー(Lassaut)

 オネストは今年7月に行われたパリ大賞典(仏G1)覇者。ラストロノームは今年5月のオカール賞(仏G2)を制している。ニューロンドンは今年7月のゴードン賞(英G3)勝ち馬。

 ニエル賞に初めて参戦した日本調教馬はヴィクトワールピサ。翌年にナカヤマナイトが出走しており、2013年と2016年にそれぞれ同年の日本ダービー馬キズナ、マカヒキが参戦し、同競走を制している。