前走のかしわ記念(JpnI)で2着だったソリストサンダー(牡7、栗東・高柳大輔厩舎)は、10月10日に盛岡競馬場で行われるマイルCS南部杯(3歳上・JpnI・ダ1600m)を目指す。鞍上は吉田隼人騎手が務める予定。

 ソリストサンダーは父トビーズコーナー、母ラヴソースウィート、母の父スペシャルウィークという血統。

 2017年8月に小倉競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。2戦目からダート路線に舵を切り、3戦目に初白星を挙げた。同年10月のプラタナス賞(500万下)で2着となった後、故障のため1年2ヶ月の休養を挟んで2019年1月に復帰。復帰3戦目に通算2勝目を挙げた。

 2020年7月に本格化を迎え、駒場特別(2勝クラス)で通算3勝目を挙げると、同年8月のTVh賞(3勝クラス)を快勝しオープンクラス入りを果たした。重賞初挑戦となった同年の武蔵野S(GIII)で2着に好走すると、昨年1月の門司S(OP)でオープン初勝利。5月のかしわ記念では優勝馬カジノフォンテンからハナ差の2着に好走し、10月のマイルCS南部杯では3着となった。今年2月のフェブラリーS(GI)で4着、3月にはドバイ遠征を敢行しゴドルフィンマイル(首G2)では4着。帰国初戦となった前走のかしわ記念では2年連続の2着となっている。通算成績は31戦6勝。