今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSで金星をあげたパイルドライヴァー(牡5、Pyledriver)は、凱旋門賞を回避することがわかった。現地時間8日に英競馬メディア『Racing Post』が報じている。

 同馬を管理するW.ミューア調教師は、軽微な怪我により獣医から来週まで乗り運動を控えるべきと判断され、凱旋門賞に納得のいく状態で出すことが難しくなったことで回避を決断したと説明している。

 また、同師はパイルドライヴァーの復帰戦について、間に合えばジャパンCかブリーダーズCに向かうとコメントし、来日する可能性を示唆した。

 パイルドライヴァーは父Harbour Watch、母La Pyle、母の父Le Havreという血統の英国産馬。通算成績は18戦7勝。

 2019年7月にイギリスでデビュー。2021年のコロネーションCでG1初制覇を果たし、同年の香港ヴァーズでもグローリーヴェイズの2着に好走した。

 G1・2勝目をあげたキングジョージ6世&クイーンエリザベスSでは、昨年の凱旋門賞馬トルカータータッソ、G1・3勝馬ミシュリフ、今年の愛ダービー馬ウエストオーバーらを相手に勝利を収めている。