9月19日に中山競馬場で行われるセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)。3着馬までに牡馬クラシック三冠最終戦・菊花賞(GI)への優先出走権が与えられる同競走に、春のクラシック路線を賑わせた優駿たちが参戦を予定している。

 現時点では、今年の弥生賞(GII)覇者で日本ダービー(GI)でも3着に好走したアスクビクターモア、京成杯(GIII)で父仔制覇を果たしたオニャンコポン、昨年のホープフルS(GI)3着馬で前走の月岡温泉特別(2勝クラス)を快勝したラーグルフなど、16頭が登録を予定している。アスクビクターモアには田辺裕信騎手、オニャンコポンには菅原明良騎手が引き続き騎乗予定。

 フルゲートは18頭。想定馬は下記のとおり。

※敬称略、○○は騎手未定もしくは回避予定
※情報は主に先週までの取材によるもので、変更の可能性がございます。

アスクビクターモア 田辺裕信
オーシャンズヨリ 丹内祐次
オニャンコポン 菅原明良
ガイアフォース 松山弘平
キングズパレス 松岡正海
サイモンバロン 三浦皇成
ショウナンマグマ 横山武史
セイウンハーデス 幸英明
ベジャール 北村友一
ホウオウフウジン ◯◯
ボーンディスウェイ 石橋脩
マテンロウスカイ 横山典弘
メトセラ ◯◯
ラーグルフ 戸崎圭太
ローシャムパーク C.ルメール
ロンギングエーオ 横山和生