10日、中京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・牝・芝1600m・8頭)は、2番手に付けた今村聖奈騎手騎乗の1番人気スマートジェイナ(牝2、栗東・大久保龍志厩舎)が、直線半ばで抜け出し、2着の3番人気サーマルソアリング(牝2、栗東・藤原英昭厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒7(稍重)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に2番人気マテンロウウェイ(牝2、栗東・中内田充正厩舎)が入った。

 勝ったスマートジェイナは、父ロードカナロア、母スマートレイアー、その父ディープインパクトという血統。母は重賞4勝で、当馬はその初子。