10日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・8頭)は、好位集団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気ロッククリーク(牡2、美浦・栗田徹厩舎)が、ゴール寸前で前を差し切り、追い込んだ2番人気ヴァイルマティ(牝2、美浦・鹿戸雄一厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分02秒6(良)。

 さらにハナ差の3着に逃げた4番人気スマイルスルー(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)が入った。なお、3番人気バンディート(牡2、美浦・稲垣幸雄厩舎)は7着に終わった。

 勝ったロッククリークは、父エピファネイア、母フロールデセレッソ、その父スウェプトオーヴァーボードという血統。