11日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1600m・16頭)は、好スタートから好位に控えた戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ダノンゴーイチ(牡2、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、直線でスムーズに追い出され、逃げる4番人気トレブランシュ(牝2、美浦・稲垣幸雄厩舎)を差し切って、最後はこれに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。

 さらに5馬身差の3着に7番人気オークアンドモルト(牝2、美浦・武井亮厩舎)が入った。なお、2番人気サルヴァトーレ(牡2、美浦・和田正一郎厩舎)は10着、1番人気ウィットサンデー(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)は14着に終わった。

 勝ったダノンゴーイチは、父イスラボニータ、母レニーズゴットジップ、その父City Zipという血統。セレクトセールにて5720万円で取引された。