9月13日、川崎競馬場の第1R(3歳・ダ1400m)で、2019年12月27日生まれの競走馬プリーミー(牡3、川崎・佐々木仁厩舎)がデビューを予定している。鞍上は本田正重騎手が務める予定。

 プリーミーは父ドゥラメンテ、母アトミカオロ、母の父Orpenという血統。馬名の意味は『早生まれ』。

 母アトミカオロはアルゼンチン産馬。同国でG1・亜1000ギニーを含む6勝を挙げた名牝。全妹にあたる『アトミカオロの2022(牝)』は今年のセレクトセールにおいて、株式会社サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋オーナーによって1億1000万円で落札されている。

 サラブレッドは1月1日に年を越すことで年齢が1つ上がるため、2019年産の同馬は2020年1月産の2歳馬と生まれた時期および育成状況が変わらないにもかかわらず3歳馬扱いとなっており、2歳戦への出走が不可能となっている。プリーミーの初陣に要注目だ。