14日、良血馬テンペスト(牝2、美浦・国枝栄厩舎)が初入厩した。管理する国枝師は「牝馬で馬体重が450kgを超えているので、サイズ的には問題ない。とりあえずゲート試験を受けて、(今後については)その時点で判断したい」と見通しを語った。

 テンペストは父ロードカナロア、母シーザリオ、母の父スペシャルウィークという血統。母シーザリオは2005年のオークス(GI)とアメリカンオークス(米GI)を制し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬に選ばれた名牝で、2006年の繁殖入り後もその活躍は続く。

 全兄は無敗で皐月賞を制して2019年のJRA最優秀3歳牡馬となったサートゥルナーリア。半兄にはGIを2勝し種牡馬としても現在大活躍中のエピファネイアや2015年の朝日杯FS覇者のリオンディーズがいる。シーザリオは昨年2月にこの世を去った為、本馬が最後の産駒となる。