9/17(土)は中山・中京の2場開催。16日正午の馬場発表は2場いずれも芝・ダート共に良。17日の天気は中山が曇りのち晴れ、中京が晴れのち雨の予報となっている。

■中京8R・阪神JSにホッコーメヴィウスなど
 中京8Rは障害3300mの阪神ジャンプS(JGIII)。新潟ジャンプSからの重賞連勝を狙うホッコーメヴィウス、石神深一騎手が騎乗するゲインスプレマシー、2・3走前に障害オープンを連勝したザメイダンなどが激突。

■混戦模様のケフェウスS
 中京11Rは芝2000mのケフェウスS(OP)。前走3着以内馬が不在という難解な一戦。約半年ぶりとなるブラヴァス、昨年の中日新聞杯勝ち馬ショウナンバルディあたりが人気の中心か。

■芝の2歳OP・ききょうS
 中京9Rは芝1400mの2歳オープン・ききょうS。クローバー賞で2着だったイコサンをはじめ、九州産馬限定戦でデビュー2連勝を飾っている鹿児島産馬サツマノオンナ、ザレマの仔フルメタルボディーなどが出走し11頭立て。

■中山5Rでクラックスマン産駒がJRA初出走
 中山5Rで行われる芝1800mの新馬戦で、リマスタリングがクラックスマン産駒としてJRA初出走。クラックスマンは父フランケルという血統の英国産馬で、2017〜18年にかけて欧州でG1を4勝。19年に種牡馬入りし、今年の2歳世代が初年度産駒となる。

■中京5Rの新馬戦にトレンディスターなど
 中京5Rは芝1200mの新馬戦。トレンディスターはファインニードル産駒の牝馬で、川田将雅騎手を背に初陣を迎える。他に、半兄にヤマカツライデンがいるヤマカツエース産駒ヤマカツリンなど。

■中山4Rの新馬戦にライヴシュガーなど
 中山4Rはダート1800mの新馬戦。ケイティブレイブの妹にあたるコパノリッキー産駒ライヴシュガー、JRA3勝クローバーリーフの仔イルディヴィーノ、米国産馬エイトワンなどがデビューする。

■久保田貴士師のバースデー
 本日は久保田貴士調教師の55歳の誕生日。管理馬は中山で3頭がスタンバイしており、5Rの新馬戦ではノーブルマルシェがデビュー。鞍上は、ケガによる半年の休養から本日より復帰する北村宏司騎手。

■石橋脩騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 石橋脩騎手はJRA通算800勝まであと3勝で、本日は中山で3鞍に騎乗。丸山元気騎手はJRA通算600勝まであと1勝で、本日は中山で3鞍に騎乗する。