【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆ローズSの注目馬

 先週は国内・そして海外でも注目のレースが行われ、皆さん、様々な感想をお持ちになられたことでしょう。

 まずはセントウルステークスでのメイケイエール。前走の1400m戦から1ハロン短縮の1200mということもありましたが、それにしても以前よりも折り合い面がスムーズになっていた印象でしたし、体付きにおいても細さが目立たない雰囲気に。

 +14kgの成長分も素晴らしく、前向きすぎてしまう気性ゆえ、育て方や環境、選択しだいではコントロール不可能になってしまいやすそうなところを、陣営と鞍上が一丸となって良き方向へと導いている気がし、価値のある素晴らしい勝利だと思えました。

 対するソングラインですが、開幕週や、はじめてとなる1200の流れでは、少し条件的に厳しかったようにも思えました。

 そして凱旋門賞に向けて海外で行われたニエル賞ですが、ドウデュースにおいては前哨戦ということもあって余裕を残して逆算された作りと、もともと叩かれてから良くなるタイプとも思え、武豊騎手の言葉通り本番に向けての順調な1戦とも思えるのですが、その一方で1つ心配をあげるとするならば、最後、止まっていた点。

 日本ダービーと同じ2400mとはいえ、コース形態や馬場があまりにも違うゆえ、距離的にそれ以上を要するようにも。その点が気になり、当日は叩かれての上積みと馬場コンディションは水分を含まない形が良いように思えます。

 さて今週は3日間開催。

 秋華賞に向けてのローズSですが、ポテンシャル的な面や距離短縮&休み明けという点から全てにおいてプラスと思えるのがアートハウス。また同じくポテンシャルという意味ではサリエラ。前走においては届かないと思う位置からの差しきり勝ちに強さを感じる反面、モタモタ感が心配にはなりますが、よくよく考えてみれば間隔があいての2戦目。

 デビュー戦に近い感覚だったようにも思えますし、追いきりの動きからも、今回は大丈夫な感じもしています。

 また馬券的な妙味を考えると、1番狙ってみたくなるのがラリュエル。

 ローテ的な面や、同型が同厩舎という点からも自分のリズムで競馬が運べそうな気もします。そして追いきりの動きで魅了されたのがルージュリナージュ。ただこの馬は折り合い次第なところがあるゆえ、そこがポイントな気がします。これ以上はきりがない気もしますが、中京で2勝のセントカメリアも気になるところ。枠確定前ですので、もう少し考えます。

 それでは皆さん、日曜日午後3時はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

(文=細江純子)

【関連記事】