9月18日に中山競馬場で行われる2歳新馬戦(4R、芝1200m)に、ダンスディレクター産駒のグランデスパーダ(牡2、美浦・本間忍厩舎)と、クラウンレガーロ産駒のクラウンサプライズ(牡2、美浦・天間昭一厩舎)が出走を予定している。両馬とも父の初年度産駒であり、いずれもJRAにおける産駒初出走となる。

 ダンスディレクターは父アルデバランII、母マザーリーフ、母の父サンデーサイレンスという血統。体質面の課題からデビューは遅く、3歳時の2013年6月に阪神競馬場で初出走を迎えたが、既走馬相手の初陣を白星で飾った。2015年2月にオープン入りを果たすと、2016年、2017年のシルクロードS(GIII)を連覇するなどスプリント重賞路線で活躍。8歳まで現役生活を続け、2018年12月にJRA競走馬登録を抹消し、アロースタッドで種牡馬として供用されている。

 クラウンレガーロは父グラスワンダー、母エクストラニュース、母の父エンドスウィープという血統。2012年8月のデビュー戦を勝利すると、同年9月の小倉2歳S(GIII)、10月のデイリー杯2歳S(GII)で2着など好走。翌年は牡馬クラシック競走の皐月賞(GI)、日本ダービー(GI)にも出走を重ねた。現役引退後はオーナーのプライベート種牡馬として供用されている。

 2022年9月時点で血統登録されているダンスディレクター産駒は2020年産が2頭、2021年産が3頭で合計5頭。クラウンレガーロ産駒は2020年産、2021年産いずれも3頭ずつで合計6頭。貴重な父系を繋ぐ新馬2頭が迎える初陣に要注目だ。