現地時間17日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたウッドバインマイル(3歳上・加G1・芝1600m)に、英国から遠征したモダンゲームズ(牡3、Modern Games)が参戦。レースでは手応え十分に馬群を抜け出し、後続に5.1/4馬身差をつける圧勝劇でG1・3勝目を飾った。

 モダンゲームズは父Dubawi、母Modern Ideals、母の父New Approachという血統の愛国産馬。管理するのはイギリスのC.アップルビー厩舎。

 昨年7月にデビュー戦を迎え、2走目のメイドン(未勝利戦)で初勝利。同年11月にはアメリカへ遠征し、BCジュベナイルターフ(米G1)を完勝した。今年の始動戦となった5月の仏2000ギニー(仏G1)で後続に1.1/4馬身差をつける完勝でG1・2連勝を果たし、6月の仏ダービー(仏G1)では3着入線。前走のサセックスS(英G1)では、当時8戦8勝(現在は10戦10勝)だったバーイードから1.3/4馬身差の2着に好走していた。