18日、中京競馬場で行われた納屋橋S(3歳上・3勝クラス・芝1600m)は、松山弘平騎手が手綱を執る1枠1番ママコチャ(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から直線で抜け出し、2着入線の僚馬ヴィルヘルムに半馬身差をつけ、単勝1.3倍の圧倒的支持に応えて快勝した。

 ママコチャは父クロフネ、母ブチコ、母の父キングカメハメハという血統。全姉に白毛馬として史上初となるクラシック制覇を果たしたソダシがいるほか、同牝系からユキチャン、メイケイエール、ハヤヤッコなど活躍馬が出ている。

 昨年6月に阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。3走目の2歳未勝利戦を勝ち上がり、重賞初挑戦となった同年11月のファンタジーS(GIII)では3着に好走した。今年6月にキャリア2勝目を飾ると、続く7月の豊栄特別(2勝クラス)を連勝。昇級初戦となった今回も白星を飾り、3連勝で3勝クラスを突破している。