19日、中山競馬場で行われた2歳未勝利戦(4R、芝1800m)は、木幡巧也騎手が手綱を執るスーパーマン(牡2、美浦・岩戸孝樹厩舎)がインコースで脚を溜め、最終直線で先行する2着馬イコノスタシスを差し切り、1馬身差をつけて初白星を飾った。

 スーパーマンは父シルバーステート、母アマノチェリーラン、母の父デザートキングという血統。母は2007年のフィリーズレビュー(GII)2着馬。

 8月14日に新潟競馬場で行われた2歳新馬戦でデビューし、単勝6番人気の6着。2戦目となった今回、変わり身を見せて差し切り勝ちを果たした。