19日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・10頭)は、2番手でレースを進めた横山武史騎手騎乗の2番人気ネビュルーズ(牡2、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、直線入り口で先頭に立ち、直後から追った5番人気パクスオトマニカ(牡2、美浦・久保田貴士厩舎)を振り切って、最後はこれに3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分03秒6(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に1番人気ドゥレッツァ(牡2、美浦・尾関知人厩舎)が入った。なお、3番人気インヴェントーレ(牡2、美浦・古賀慎明厩舎)は4着に終わった。

 勝ったネビュルーズは、父ジャスタウェイ、母スターズアンドクラウズ、その父マクフィという血統。