19日、中山競馬場で行われたセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)は、中団前から進出した松山弘平騎手騎乗の3番人気ガイアフォース(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)が、1番人気アスクビクターモア(牡3、美浦・田村康仁厩舎)とのゴールまで続いた競り合いを制し、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分11秒8(稍重)。

 さらに3馬身差の3着に2番人気ローシャムパーク(牡3、美浦・田中博康厩舎)が入った。

 勝ったガイアフォースは、父キタサンブラック、母ナターレ、その父クロフネという血統。国東特別(1勝)からの連勝で、重賞は初出走初制覇。キタサンブラックも15年の同レースを制しており、父子制覇の達成となった。

 本馬及びアスクビクターモア、ローシャムパークは、10月23日に阪神競馬場で行われる菊花賞の優先出走権を獲得した。