【栗山求(血統評論家)=コラム『今日から使える簡単血統塾』】

◆先週の血統ピックアップ

・9/19 セントライト記念(GII・中山・芝2200m)

 ガイアフォースがアスクビクターモアを一騎打ちの末に破り、初の重賞タイトルを獲得しました。これで5戦3勝(2着2回)。骨折のため昨年秋から今年春にかけて半年間休養し、出世が遅れてしまったのですが、3歳夏を越してようやく一線級に追いつきました。

 新馬戦でドウデュース(日本ダービー)にクビ差まで迫り、フェーングロッテン(ラジオNIKKEI賞)に3馬身先着と、もともとハイレベルな能力を示した馬で、前走の国東特別は小倉芝2000mで1分56秒8というのコースレコードを樹立しました。

 3歳時に1分56秒台を記録した馬は、過去4頭すべてGI馬となっています(ミッキークイーン、クイーンズリング、キセキ、グローリーヴェイズ)。

 父キタサンブラックはイクイノックス(東京スポーツ杯2歳S、皐月賞-2着、日本ダービー-2着)の父で、現役時代に3000m以上で3戦全勝(天皇賞・春2回、菊花賞)の成績を残しました。

 また、2代母の父ダンスインザダークは、自身が菊花賞を制しただけでなく、種牡馬としても3頭の菊花賞馬を出しました。3000mへの距離延長がマイナスになることはないでしょう。

・9/18 ローズS(GII・中京・芝2000m)

 好位追走のアートハウスが残り200mで先頭に立ち、外から迫るサリエラを半馬身抑えました。この春は忘れな草賞を勝ち、オークスでは2番人気に推されたほどでしたが、7着。秋華賞で再度のGI獲りに挑みます。

 鞍上の川田騎手は、母パールコードにも騎乗し、秋華賞で2着と敗れているので、心に期するものはあるでしょう。

 父スクリーンヒーローは、モーリス、ゴールドアクター、ジェネラーレウーノ、ウインマリリンなどを出しています。産駒の収得賞金上位10頭中9頭が牡馬と、上位層の性別に偏りが見られる種牡馬ですが、2020年以降の重賞勝ち馬に限ると、5頭中3頭が牝馬です。

 次走の秋華賞は、オークスからぶっつけとなるスターズオンアース、ナミュール、紫苑Sを勝ったスタニングローズなど相手が一気に強化されますが、阪神芝2000mは忘れな草賞を含めて3戦2勝と相性良好です。豊富なコース経験は大きな武器となるでしょう。

◆今週の血統注目馬は?

・9/24 カンナS(2歳OP・中山・芝1200m)

 中山芝1200mと相性のいい種牡馬はダイワメジャー。連対率21.9%は、2012年以降、当コースで産駒が20走以上した70頭の種牡馬のなかで第5位という優秀な成績です。

 当レースに登録のあるトールキンは、前走、小倉芝1200mの未勝利戦を1分07秒9で勝ち上がりました。今年の2歳新馬・未勝利戦のなかでトップタイの好タイム。上位争いが可能でしょう。

【関連記事】