2019年の京都金杯を制したパクスアメリカーナ(牡7、栗東・中内田充正厩舎)は、9月23日付けでJRAの競走馬登録を抹消された。今後は北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬となる予定。同日にJRAが発表した。

 パクスアメリカーナは父クロフネ、母グローバルピース、母の父サンデーサイレンス。全姉に2012年のヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャがいる血統。

 2017年8月にデビューし、同年11月に初勝利。翌年4月のアーリントンCで重賞に初挑戦し2着に好走すると、GI・NHKマイルCにも出走した。その後、2019年の京都金杯で重賞初制覇を飾ったが、続くマイラーズC出走後に左第3中手骨々折が判明。2021年8月の関屋記念で2年4か月ぶりの復帰を果たしたが、結果的にこれがラストランとなった。

 通算成績は10戦4勝。総獲得賞金は1億1280万3000円。

(JRAのホームページより)