24日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1600m・16頭)は、後方からとなった佐々木大輔騎手騎乗の14番人気コウセイマリア(牝2、美浦・和田雄二厩舎)が、直線で間を割って追い込み、抜け出そうとしていた1番人気ザングウィル(牡2、美浦・大竹正博厩舎)をゴール寸前で差し切って、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒7(不良)。

 さらにクビ差の3着に11番人気ペニードロップス(牝2、美浦・鈴木慎太郎厩舎)が入り、3連単114万4390円の波乱となった。なお、3番人気アメイジングスター(牡2、栗東・茶木太樹厩舎)は5着、2番人気ホウオウプレシャス(牡2、美浦・栗田徹厩舎)は8着に終わった。

 勝ったコウセイマリアは、父リアルスティール、母アズマガール、その父キングカメハメハという血統。