上位3着までに菊花賞への優先出走権が与えられるトライアルレース。昨年、一昨年に引き続き中京競馬場芝2200mで行われる。

 3歳馬限定の馬齢重量戦だけに紛れは少なく、過去10年間で1番人気馬が7勝。これを含め1〜3番人気馬が10勝2着5回4着4回で、特にダービーからの直行組が9勝と実績を残している。

 ◎プラダリアは青葉賞勝ち馬で、ダービーは5番人気5着。未勝利戦を勝ち上がった直後に青葉賞を勝ったこと、そして結果的に厳しいローテーションになったダービーでも勝ちを意識できるポジションから大きく崩れなかったことを評価したい。

 ディープインパクト×クロフネの組み合わせにはレイパパレ、ステファノスなどがいて、3代母リトルオードリーは桜花賞1番人気でオークス3着。ダービーの1〜4番人気馬、1〜4着馬不在のメンバー構成なら主役候補に浮上する。

 〇ヴェローナシチーは中京競馬場芝2200mの京都新聞杯2着で、京成杯3着。やや器用さを欠くために勝ち味に遅いものの、豊富なスタミナを背景に、最後は確実に伸びる末脚を武器にこれまで7戦してすべて3着以内という堅実派だ。

 前走の白百合Sは、後にラジオNIKKEI賞に勝ち、新潟記念でも3着となる勝ち馬の逃げ切りを許してしまったもののメンバー最速の末脚で2着。夏を越して一皮むけた姿を見せてほしい。

 ▲パラレルヴィジョンは2戦2勝。骨折のためにデビューが遅れたが、出走経験馬相手のデビュー戦、そして1勝クラスの平場戦をともにメンバー最速の上りタイムで連勝。いまだ底を見せていないのが魅力だ。

 キズナ産駒で、母は中日新聞杯に勝ったメートルダールの半姉でJRA4勝馬。いきなりの重賞挑戦は楽な条件ではないが、長い目で見たい1頭だ。

 △アスクワイルドモアは今回と同じ距離コースで行われた京都新聞杯レコード勝ち。札幌2歳S2着、きさらぎ賞4着と高い能力を示している。大きく崩れたのは休み明けのホープフルSとレコード勝ちから中2週のダービーのみ。改めて注目したい。

 京都新聞杯で出走メンバー最速の末脚で3着△ボルドグフーシュ、青葉賞で1番人気の支持を受けていた△レヴァンジルのレースぶりも見ておきたいレースだ。