23日、JRAは2019年の京都金杯覇者パクスアメリカーナ(牡7、栗東・中内田充正厩舎)が競走馬登録を抹消し、北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬となる予定であることを発表した。

 これにより、2019年マイラーズC(GII)で掲示板に入った馬が全て種牡馬入りするという珍しい記録が打ち立てられた。

 同レースの掲示板に入った馬は上位から順にダノンプレミアム、グァンチャーレ、パクスアメリカーナ、インディチャンプ、ストーミーシー。それぞれアロースタッド、イーストスタッド、レックススタッド、優駿スタリオンステーション、太平洋ナショナルスタッドで種牡馬入りしている。

 なお、7着のモズアスコットもアロースタッドで種牡馬入りしており、出走馬10頭中6頭が種牡馬入りしたこととなる。伝説のGIや伝説の新馬戦という言葉をよく耳にするが、2019年のマイラーズCもある意味、伝説のGIIなのかもしれない。