2019年の京都金杯に勝ったパクスアメリカーナ(7歳、父クロフネ)が競走馬登録を抹消。23年シーズンから種牡馬生活を送る北海道新ひだか町のレックススタッドに到着した。

 現役時代は栗東の中内田充正厩舎に所属し2歳8月に新潟競馬場でデビュー。3戦目に勝ち上がると、続くこぶし賞を出走メンバー最速となる36秒2(推定)の末脚で差し切り勝ち。重賞初挑戦となったアーリントンカップは2着だったが、4歳シーズン初戦の京都金杯で重賞初勝利。

 ヴィクトリアマイルなどに勝ったホエールキャプチャの全弟という血統からマイル戦線での活躍が期待されたが、マイラーズC3着後、左第3中手骨々折が判明。長期休養を経て復帰を果たしたものの8月15日の関屋記念9着が最後のレースとなった。通算成績は10戦4勝2着1回3着2回。