10月2日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳上牡牝・仏G1・芝2400m)。日本からタイトルホルダー(牡4、美浦・栗田徹厩舎)、ドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、ディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)、ステイフーリッシュ(牡7、栗東・矢作芳人厩舎)と、日本馬4頭が出走する。

 発走時刻は日本時間23時05分を予定。当記事では、凱旋門賞に出走を予定する海外の主な強豪馬のプロフィールを列挙する。

■ルクセンブルク(牡3、56.5kg、愛・A.オブライエン厩舎)

 父Camelot、母Attire、母の父Danehill Dancerという血統の愛国産馬。昨年7月のデビュー戦から3連勝でフューチュリティT(英G1)を制すると、今年の始動戦となった4月の英2000ギニー(英G1)で3着。アクシデントにより英ダービーを回避したが、8月の愛G3で復活の白星を挙げると、前走の愛チャンピオンS(愛G1)では激しい叩き合いの末にG1・2勝目を飾っている。

■アルピニスタ(牝5、英・M.プレスコット厩舎)

 芦毛の5歳牝馬。父Frankel、母Alwilda、母の父Hernandoという血統の英国産馬で、昨年7月に本格化を迎え重賞初制覇を飾ると、G1を3連勝し2021年シーズンを終える。今年7月の始動戦となったサンクルー大賞(仏G1)を完勝し、続くヨークシャーオークス(英G1)も切れ味鋭い末脚で他馬を差し切った。G1・5連勝の実績を提げて今回の凱旋門賞に臨む。

■トルカータータッソ(牡5、独・M.ヴァイス厩舎)

 父Adlerflug、母Tijuana、母の父Toylsomeという血統のドイツ産馬。昨年は伏兵評価を覆し、2011年デインドリーム以来のドイツ馬による凱旋門賞制覇を果たした。今年5月の復帰戦では6着に敗れたが、続く7月のハンザ大賞(独G2)を快勝。キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)、連覇を狙ったバーデン大賞(独G1)でいずれも2着と好走し、凱旋門賞連覇に挑む。

■ヴァデニ(牡3、仏・JC.ルジェ厩舎)

 父Churchill、母Vaderana、母の父Monsunという血統の仏国産馬。今年の仏ダービー(仏G1)で後続に5馬身差をつける圧勝を飾りG1初制覇を果たすと、続く7月のエクリプスS(英G1)では古馬を一蹴しG1連勝を飾った。当初は英チャンピオンS(英G1)への出走を表明していたが、「より馬場の良い方を」という陣営の方針で凱旋門賞への電撃参戦が決定した。

■ミシュリフ(牡5、英・J&T.ゴスデン厩舎)

 父Make Believe、母Contradict、母の父Raven's Passという血統の愛国産馬。芝・ダートを問わず数々の大レースを制したオールラウンダーで、ダート1800mのサウジカップ、芝2100mの仏ダービー、昨年のドバイシーマC(首G1)ではクロノジェネシスやラヴズオンリーユーなどを退けて勝利を収めている。パリロンシャン競馬場は初参戦。鞍上はW.ビュイック騎手が務める。

■オネスト(牡3、仏・F.シャペ厩舎)

 昨年9月にデビュー。今年5月の仏G2で重賞初制覇を果たすと、7月のパリ大賞(仏G1)を勝利しG1ホースの仲間入りを果たした。パリ大賞の2着馬シムカミル(牡3、Simca Mille)はニエル賞(仏G2)を勝利。4着馬エルダーエルダロフ(牡3、Eldar Eldarov)は英セントレジャー(英G1)を勝利している。前走の愛チャンピオンSでは、ルクセンブルクとの叩き合いの末2着に惜敗。大舞台での巻き返しに期待がかかる。