4日、金沢競馬場で行われた第42回白山大賞典(3歳上・JpnIII・ダ2100m・1着賞金2100万円)は、3番手でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の2番人気ケイアイパープル(牡6、栗東・村山明厩舎)が、2周目3コーナー前で先頭に立ってそのまま押し切り、直線で内目を突いた4番人気ラーゴム(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒1(良)。

 さらにアタマ差の3着に3番人気カフジオクタゴン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、1番人気ブリッツファング(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)は5着に終わった。

 勝ったケイアイパープルは、父パイロ、母アルヴェナ、その父Seeking the Goldという血統。重賞は2月の佐賀記念に続いて2勝目。