10月5日(水)大井競馬場で行われる東京盃(3歳上、JpnII、ダ1200m)。1967年に創設された伝統の一戦で、現在は『Road to JBC』に指定され、JBCスプリントへの最重要ステップとなっている。

 今年は交流重賞となった1995年以降では最少の8頭立てと頭数は寂しくなったが、重賞で好走見せる馬が多数。少数精鋭のメンバーが揃った。発走予定日時は5日(水)の20時10分。出走馬は以下の通り。

■レッドルゼル(牡6、栗東・安田隆行厩舎)

 ダート短距離王が始動戦を迎える。昨年の根岸Sで重賞初制覇を飾ると、同年3月にはドバイ遠征を敢行。ドバイGSで2着に好走し、実力が世界レベルであることを証明した。帰国初戦に東京盃を選択し3着。JBCスプリントでは初の一周競馬に難なく対応し、鋭い末脚武器にJpnI初制覇を飾っている。今年は昨年と全く同じローテで、3月のドバイGS(2着)からの復帰戦。休み明けのハンデはあるが、王者として負けられない一戦だろう。

■テイエムサウスダン(牡5、美浦・蛯名正義厩舎)

 厩舎に初の重賞タイトルプレゼントなるか。2歳時にも重賞を制したが古馬になると本格化。昨年3月の黒船賞で久々の重賞制覇を飾ると、その後もテレ玉杯オーバルスプリントと兵庫GTを制し1年間に重賞を3勝。今年1月には根岸Sを制してフェブラリーS・かしわ記念に出走し、それぞれ2、3着とJpnIの舞台でも好走を見せた。2歳時以来となる1200m戦への対応はカギになるが、重賞5勝の実績は上位。今夏より同馬を管理する蛯名正義調教師は重賞初制覇がかかる。

■ギシギシ(牡4、大井・栗田裕光厩舎)

 急激に力を付けている地元の4歳馬。今年2月の条件戦から3連勝を飾り、4月の東京スプリントで重賞初挑戦。この時点では準OPにあたるA2格付けだったが、JRA勢とタイム差なしの3着に好走し、実力が既に地方トップクラスであることを証明した。その後は準重賞を2連勝し、習志野きらっとスプリントで待望の重賞初制覇。前走はスタートで躓き7着だったが、スムーズに運べればビッグタイトル奪取の可能性も十分。

■クルセイズスピリツ(牡7、大井・荒井朋弘厩舎)

 大井1000mのレコードを保持する快速馬。3歳時に名古屋競馬から大井競馬に転入し、2戦目の優駿スプリントで重賞初制覇。以降は鋭い逃げ脚を武器にOPや重賞で度々波乱を演出するなど、大井競馬の短距離戦にはかかせない存在となっている。今年2戦目の準重賞から5戦連続で3着以内と好調で、前走、前々走は控える競馬でも結果を残している。新味見せたベテランが悲願のグレードタイトルを掴むか。

 その他にも前走の北海道スプリントCで2着に好走したスマートダンディー(牡8、栗東・石橋守厩舎)、クラスターCで重賞初制覇を飾ったオーロラテソーロ(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)。重賞初出走を迎えるケイアイターコイズ(牡6、栗東・新谷功一厩舎)、久々の勝利を狙うヴァルラーム(牡6、大井・上杉昌宏厩舎)が出走する。